• ホーム
  • ラミシールを塗ってスマートフォンを触るのは良くない

ラミシールを塗ってスマートフォンを触るのは良くない

水虫の足裏

水虫の治療にラミシールを使っているという人もいることでしょうが、ラミシールを塗ってからスマートフォンに触るのは避けるようにしましょう。
これはよく考えて見れば当たり前の話であり、水虫の患部を触った手でスマートフォンに触れればそこに菌が移ることになりますから、今度はそこから別の部分に水虫が移ってしまうのでラミシールを塗った後には必ず手を綺麗に洗ってからスマートフォンに触れるようにしましょう。
ラミシールは治療薬だけにそれを塗った手であれば感染は拡大しないだろうと思ってしまいがちですが、水虫はどのような経路で感染するかわかりませんから、少しでもリスクがあるようなことは避けるべきですから塗った後の手でスマートフォンを触らずに必ず綺麗にしておくことが大切です。
特にスマートフォンというのは通話の時には顔に画面をつけるものですから、水虫が顔にまで移ってしまうという悲劇に見舞われる可能性もないとは言い切れないのでラミシールを塗った後はスマートフォンに触れるのはよくありません。
そして、これはなにもスマートフォンに限った話ではなく自ら触れる機会が多い場所なども同様ですし、家の人が触れるような場所もあまりベタベタと触ればそこら中に菌を撒き散らすことになりますから薬を塗ったあとにはすぐに手を洗うことが大切なことになるのです。
これぐらいのことで簡単に移る病気ではありませんが、可能性はゼロではありませんし別の場所に移してしまったり他の人に移してしまった場合治療に時間が掛かる病気だけに非常に面倒なことになってしまうので、ラミシールを塗った後はスマートフォンに触れないのはもちろんのこと、他の人が手を触れやすそうな場所も極力触れず早めに手を洗うことが重要です。